綿棒で角栓ケアをやる際は、洗顔後に行っても効果に期待できますが、蒸しタオルで毛穴を十分に広げることでより効果を高めれます。
綿棒にオイルを染み込ませるときは、香料が混ざっているオイルよりも、角栓を取るだけなのでシンプルな成分を含んだオイルを使うことで安く済みます。
そして、綿棒を肌に当てる際は、綿棒を横に倒して角栓の部分で優しく当てるようにして回します。
また、皮膚への滑りを良くするために、皮膚に直接オイルを塗っても角質を取る効果が高まります。
根が深くて中々取れない角栓は、オイルを染み込ませた綿棒を2本使って、角栓を挟むようにすると取れます。
皮膚に付いたオイルを洗い落とすために、綿棒を用いた角栓ケアを行った後は、洗顔します。
オイルが顔に付いたままだと肌のトラブルに繋がる可能性があるので、洗顔でオイルをしっかり落とすのが重要になります。
また、一度の洗顔でオイルを洗い落とせなくても、もう一度洗顔してオイルを確実に落とすようにします。
オイルを洗い落としたら、冷水で洗って毛穴を引き締めます。
保湿ケアを行うために顔に付いた水分を拭き取ります。化粧水や美容液を使って保湿ケアを行います。
角栓を取るために綿棒を使って毛穴ケアしても、保湿ケアを怠るとまた毛穴に汚れが溜まり、角栓が詰まることになります。
そのため、保湿ケアは非常に大事になります。
毛穴ケアについてもっと知りたい方はこちら⇒毛穴ケア 綿棒

関連記事