太陽光発電について

私は野立てと2階のベランダに太陽光を設置し合計14.4キロワットで約10万円くらいの発電をしています。
ちなみに1枚が265わっとそして野点が26ワットの発電量です。
塩害の原因となる理由は、池の近くや海岸沿いにパネルを設置すると塩分は酸性なのでぱパネルを酸化させその結果、発電量が落ちること懸念しているのです。
通常パネルは10年は普通に持ち耐用年数が17年とされていますがそのえんがいによって耐用年数が短くなります。
じつはそのことをあたまに置かず太陽光を設置する施工主が増えています。
しかし、太陽光は、池があったり海か近くにあると水に反射して発電量が増えるというメリットがあります。
しかし、10年間持つところを5年でメンテナンスをやらなければならず結果的には大きな損失になります。
また、とちのもんだいもり軟らかい砂地の上に太陽光をすえ近づけるとたいてい地盤がすべり太陽光の設備そのものが崩壊することもありえます。
そして地盤沈下が起こると設備自体が引くなるために塩害のスピードが速まり結果的に使えなくなります。
そうすると太陽光単価も煙害の被害により当初の発電量が見込めなくなり沿岸部や池の周辺では立てなくなると思います。
こちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 塩害

関連記事


    太陽光発電と太陽熱発電の違いを知っていますか?両者は言葉からすると似ているので違いがよく分からない人もいます。 ここではその違いを解説します。 太陽光発電と太陽熱発電の違い 太陽光発電と言うのは、太陽…


    2017年4月1日より、再生可能エネルギーの更なる導入拡大を目指して改正FIT法が施行されました。 FITは固定価格買取制度とも呼ばれ、太陽光発電など再生可能エネルギーによる発電が自宅で使う電力量を上…


    かつてはあまり普及率が高くなかった太陽光発電ですが、最近急速にその普及率が高まっています。 その理由は簡単で、これまで発電の中心的存在だった原子力発電に対して、不安を感じている人が増えて来ているからだ…


    あちらこちらで見受けられるようになった太陽光パネルですが、皆さんは太陽光発電のメリットをご存じであろうか。 ただ、家庭用電力を供給してくれるので、電気代が助かるくらいに思っていませんか。 太陽光がもた…


    太陽光発電で作り出した電力を効率よく作るために、発電した電力を充電しておく蓄電池というものがあります。 この蓄電池というのはとても便利ではありますが、ものには寿命が付き物で蓄電池にも当然あります。 基…