顔だけでなく全体的に肌がきれいになる効果や、顔や手のシミ・頬のそばかすに効くことで有名なキミエホワイトを知っている方も多いと思います。
そんなキミエホワイトがなぜそんなにお酒を飲んだ翌日の二日酔いに効果があるとされているのでしょうか?
それはキミエホワイトに含まれる成分や配合を知ることによってよく理解できると思います。

キミエホワイトの主成分として含まれる抗酸化成分のL-システインには、二日酔いへの効果があり、肝臓の働きを助けてアルコールの分解を早める働きがあります。
L-システインという成分にはアルコールとアセトアルデヒドを分解する脱水素酵素を活性化する力があるので二日酔いに効くということです。

あまり聞いたことがない言葉かもしれませんがアセトアルデヒドというのは、アルコールを過剰に飲んだ際に体の中に生まれる有害物質です。
普通の状態では肝臓の脱水素酵素の働きで、アルコールをアセトアルデヒドと水分に分解して、さらにアセトアルデヒドを有害から無害な物質に変えていくことで血液中のアルコール濃度を下げていく作用が働きます。

でも、余談ですが私のようにアホじゃないのかというほど排出するアルコールより摂取するアルコールがめちゃめちゃ多いと、体の外に排泄できずに残ってしまっているアセトアルデヒドが「吐き気」や「頭痛」など二日酔いの症状をもたらしてしまし、起きれない、仕事できない、やる気が出ないと最悪な日をすごすことになります。
キミエホワイトのL-システインは、肝臓の脱水素酵素を活性化してくれるので、飲酒前や飲酒後に体内のアルコールと「アセトアルデヒド」を早く分解するように助けてくれる役目をしているので、飲み会の前やその日の就寝時に飲むと効果が高いですね。

キミエホワイトについて、私はここを参考にしました⇒キミエホワイト 口コミ

関連記事