-

出あってしまうのが自動車の事故です。

その場面でどうやって行動した内容によって、車の保険料の受け取りもかなり大きく差が出る場合もありますので落ち着いた判断と行動が求められます。

考えていないアクシデントに混乱してしまうと大事な対応を逃してしまい、それから己が損を負う場面も想像できるので乗用車の事故に巻き込まれた場面では正しく以下に述べる判断をしましょう。

自動車事故をしたケースで最初にする必要があるのは重軽傷者がいるかどうかの確認です。

事故の後はパニックになって何も出来ない状態になってしまう状況がありすぐには対応できないのが現実です。

その状況では、負傷者がいたならば危険ではないところへ移動してから応急な手当をし救急車を呼ぶなど怪我人優先に努めましょう。

119番に連絡する場面では明確な事故現場を告げて不明確な状況では辺りの分かり易い建造物や町名を伝えて事故の現場の住所が判断できるようにします。

その後で110番へ知らせて事故を起こしてしまった事また状況を話します。

救急車とパトカーを待っている時に怪我人のことをチェックします。

氏名、住んでいるところ、連絡先、免許証、ナンバープレートの番号、相手側の保険の会社名など自分だけでなく相手の身元を伝えます。

この時に相手方にミスがある場合その場所で処理する場合が存在しますがその場で処理するのではなく、どういう状況にかかわらず警察や保険屋さんに届け、正確に確認してもらいます。

お互いの情報を言ったら交通の妨げになるのを避けるために邪魔な物を道路から取り除きます。

万一邪魔な物が他者の交通の障害となっている状況ならそれぞれの情報を交換するより早くその作業をしても問題ありません。

ここで自身がお金を払っている自動車保険の会社に連絡を入れ、自動車での事故があった旨を知らせます。

特定時間内のうちに保険屋さんに連絡を入れないと自動車保険の適用除外にされる事態も考えられるので気がついたら早く電話をすることが欠かせません。

可能であれば交通事故の手がかりとして、デジタルカメラや携帯で事故の現場や事故車の破損の状態を見ることができる写真を撮影しておきます。

これは責任の割合決定する時に重要な証拠とできますので、自分自身の乗用車や先方のクルマの故障個所を的確に証拠写真として残しておくことが重要です。

その際に見た人がいたならば警察や保険屋さんの人が駆けつけるまでその場に待機してもらうように頼むのも必要不可欠です。

Category

リンク