-

現実にノートPCの前に座っていつも変化しているレートを見ると理由無く売買をしなくてはいけないという感情が生まれる場面も多かったりします。エイジングケアのナールスブログ

しかし、あやふやな勘で売買するのだけは、間違ってもしてはいけません確かに、為替相場は24時間、休みなくどこかの国の市場は動いているしレートもどういう時でも、変化しています。デイリーズアクア 90枚パック

しかし、闇雲に売り買いをしているとその分だけマイナスになるリスクが上がってしまいます。itエンジニア 不足

当然の事ながら、注文の数を積み重ねる事でじょじょに儲けられる確率が五分五分になります。コンブチャ コストコ

でもこれは「はっきりしない感覚で売り買い」とは話が違います。ぽろぽろとれる杏ジェル

取引回数を積む事の意味は、自ら「ここはいける」と思える自信を持った状態での取引回数を積むという意味である。ふわりプラセンタ

特段の理由も無く、ひっきりなしに取引を積むのとは明らかに違います。二重まぶたになる方法

外国為替相場の駆け引きに立ち向かうためには、自分が思案してけじめをつけることこそが必要です。引越しの準備 手続き

「ここはいける」と考えた相場の時には、いっそのこと保持ポジションを買い増して利益を追い求めます。看護師求人サイトの口コミ

「ちょっと悩ましい外国為替相場で、どう上げ下げするのかわからないな」と考えた時は諦めて所持ポジションを全部閉じて静観します。

このくらいのテンポでやった方が最後にはエントリーは勝てます。

相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

本当にその通り。

為替取引とは何も常にポジションを所持する事が重要ではなく売買ポジションを所有せず静観していることも場面によっては、相場なのである。

では、いつ、休むべきなのでしょうか。

ひとつは、先に述べたように、今の為替相場が具体的に分からない時です。

ここからどちらにいくのか決断できない時は分からないまま行動すると、自分で思った筋書きとは反対の方向に外国為替相場が推移してしまい損する事になってしまいます。

だから、こういう場合はポジションを0にして何もせずに様子を見ているのが最良の選択です。

もうひとつは、あなたの体の調子がすぐれない時です。

体の調子と外国為替相場に何の影響も与えないと感じる投資家もいるでしょうが現実にはかなり関係あります。

健康状態がよくなければ、マーケットのミスできない局面で、正確な決定が難しくなります。

興味がわかない時はトレードから距離を置くことも大事なことだ。

Category

リンク