-

車の見積額を高くするのに、、自動車を手放す時期、タイミングなども大事なポイントです。

あなたの自家用車をできるだけ損をすることなく乗り換えることを思いめぐらせれば、、注意点があるんです。

自動車の売却額査定の要点として重要視されるものに走行距離が挙げられます。

通常走行距離イコールその車の耐用年数と考えられることもありますので、走行距離が長いだけ査定の際にはマイナス面となります。

メーターが500キロと6万キロでは一般的に、自動車の金額は変わってきます。

基本的には走行距離はより短い方が中古車の査定額は高くなりますが、実際のところあまり細かい線引きはなく、定められた基準で査定されます。

例えば普通車の場合年間10000kmを目安としてこの走行距離を超えていると大抵マイナス査定になるのです。

軽自動車では、年間で8千キロがまた年式が古いのに走っている距離がかなり短いケースでも、査定金額が高くなるとも一概には言えません。

通常は年式・走行距離についての買取査定のポイントは年数にたいして適正な走行距離かどうかというところです。

自動車も例外ではないんです。

そして愛車の年式も、車の査定の重要なポイントです。

しっかりと分かっているんだといったかたも多いと思いますが、基本的には年式は新しければ新しいほど査定には優位なのですがごく稀にその年式に希少価値がある車種は、新しくない年式であっても高額で査定されることもあるのです。

次に車検があります。

周知の通り、車検にはお金がかかりますから車検時期までの残り期間が残っているほど査定は大きくなると勘違いするかも知れませんがそれは誤りで、車検時期は自動車の査定にはそれほど響くことはありません。

輸入車、ローライダー凹みのある車、というような車のコンディションなども買取査定に相関性を与えます。

車検に出す前は売る時期としては望ましいです。

反対に見積額を吊り上げるために車検を受けてから売却額査定してもらおうというのは車検代が勿体無くたいして評価されないということになります。

その他に業者にマイカーの査定を依頼し、引き取ってもらうタイミングとしては2月と8月はチャンスです。

というのも、買取業者の決算がその前の3月と9月というところが多いためです。

なので例えば1月に売るよりはあとちょっと待って2月に自動車の査定見積もりを専門店に頼んで売却するのも良いと思います。

それぞれの都合もあるでしょうから、一概にタイミングで売りに出すなどというわけにもいかないかもしれませんが、できるだけこのようなタイミングを狙ってみると都合がいいかもしれません。

Category

リンク