-

よくカードの上限額が自分が通常支払う金額より高く決めいていると私たちは余裕だと勘違いして考えずにクレジットカードで払ってしまったりします。

そのようなクレジットカードでの買い物のしすぎを軽減するため決済可能な上限をできれば減らし気味に申し込んでおこう・・・という提案が以下の記事の主な考え方です。

利用限度額の引き下げ方▲使用カードの月の利用限度額をコントロールするとは、月の限度額を引き上げることと等しく本当に手軽です。

サインのある面に書かれているコールセンターに電話をし「限度額を減らしてもらいたいです」ということを電話に出た人へ伝えるだけ。

普通はすでにある月ごとの限度額に比べ下であれば、特別な調査もなくそのまま設定ができます。

利用限度額をコントロールしておくのは自分を守ることへと結びつく〇月の利用限度額のコントロールは、自己統制等の効果は言うまでもなく防犯とも関連が深いものです。

もしも、使っているクレカが盗られて乱用されてしまった場合でも日頃からカードの月の限度額を厳しく押さえていれば害を最小限にすることも可能だからです。

覚えておいてほしいのは、想定外にもカードが乱用されるようなことになったような場合でもユーザーに明らかな過失にあたることがない限り盗難保険という機能があなたを助けてくれることになるから不安になることはないわけですが、もしものことを頭に入れておき不必要な上限はセーブしておくのも手です。

使いもしない限度額は良くないことなんです。

Category

リンク