-

本日は為替相場に関する基礎的事柄の説明をしたいと思います。

為替市場とは何かというと「自分で金銭の送付をしない場合でも金銭授受の目的を為す取引」なのです。

普段為替取引とは外為について言うというケースが大半です。

外国為替とは両国のお金の交換のことです。

他国へ旅行(イギリス、タイ、アメリカなど)をしたことがあれば、みなさん国際の為替の取引をしたことがあります。

銀行の窓口で旅行先の国の通貨と両替するのであれば、それがまさに外国の為替という事になります。

為替相場を簡潔にいうと買いたいと思う人と売り手の額を示したものです。

銀行のやり取りによって確定するものです。

それがマーケットメイカーと言われている世界中で指定された複数の銀行なのです。

為替相場はいろんな余波を受けつつも休む暇なく徐々に変わって行きます。

為替の相場を変化させる引き金としてはファンダメンタルズというのが言われます。

ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済の基礎的条件や様々な要因のことを指すものです。

それぞれの国の経済の拡大や景気の状況、物価指数、金融緩和政策、貿易収支、失業者の割合、有力者の言葉等々の原因が絡んで為替のレートは変化し続けます。

ひときわ経常収支と失業率は重要ポイントと言われます。

国際収支統計というのは、日本でいうと省庁(外務省)の指示で日銀が通関統計を利用して書いた異国とのある期の取引を記録したものです。

経常収支は中央官庁や中央銀行のHPの中で開けます。

雇用統計、失業者数も影響を与える原因と言われます。

特に米国の就労者の統計はポイントとされます。

月に一回公開され、調べるねらいが広いのがポイントです。

為替の相場の動向は経済活動の変動を指しています。

経済自体の動きを見定めることによって為替相場の動向推測が可能であると言えます。

Category

リンク