-

昔は本屋でふらっと立ち読みして小説を買うことが多かったです。

時間もあったし、いろんな作家の作品を読んでみたいと思っていたので、作家の開拓にも積極的でした。

読んでみて気に入ったら、その作家の他の作品を読むのがいつものパターンです。

今ではほとんど作家の開拓をするエネルギーがなくて、小説の新刊を買うのはいつも決まった作家さんのみになりました。

よく読んでいる作家さんというと、妖怪をモチーフにした小説のシリーズを書いている作家さんがお気に入りです。

長編が多く、ふとした何気ないフレーズがあとで重要になることがよくあるので、集中して読まないとわからなくなることも多いです。

こうした密度の高い小説が好きです。

内容やあらすじがわかっても何度も読み返したくなるからです。

文章もちょっと古典的でわびさびがあり、情景が思い浮かぶので読んでいて楽しいです。

ただこの作家さんは読むのにエネルギーが必要なので、時間がある時にゆっくり読むようにしています。

Category

リンク