-

車に乗る方ならば分かっていると思いますが自動車税というものが徴収されます。

そして自動車税は所有車買取時に戻ってくる税金なのです。

これは本当にやると簡単に頭に入ってきますがこれからはじめから順に分かりやすく案内しましょう。

あえて補足するとすれば、国産で生産された自動車だけでなく外国の車でも税金が返還されることになっています。

当然ですが所有車も当てはまります。

自動車のオーナーが支払わなければならないものなのですが税額は車の排気量によって決められています。

1リッターより小さいならば29500円で1リッターより上で1.5リッターの場合34500円です。

これからは500ccごとに5000円増加していきます。

それからこのお金は4月1日時点で車を所有している人が来年3月までの全額を支払うように定められています。

要は事前納付になるので、勿論自動車を引き取ってもらって、所有権を失った時には先に払った分の金額は還ってくるのです。

自動車税は先払いで来年3月までの税金を支払うので、年度内にクルマを売った場合は、新たなオーナーがこの税を納めなければいけないということです。

売却相手が中古車買い取り専門店なら売却した際に先払いしている分の金額を返金してもらえます。

要は、所有者でなくなった瞬間より後の自動車税は新たな所有権を持った人が払わなければなりません。

例えば10月中に車を手放したなら11月以降翌年3月の間までの税金は返金されます。

というのも繰り返しになりますが自動車税というのは先払いであるという事実によるものです。

まとめると売却者は買い取った相手に自動車税を返してもらうということです。

個人的に愛車を手放すときに、結構このようなことに気付かない人が見受けられるのでぜひ忘れないようにすることです。

自動車税という税金は自動車を売却すると返ってくることを意外と知っている人が少ないからと言って、それを説明しない悪質業者もいます。

こちらから自動車税についての話題を出さなければ、全然返金のことには説明しないというケースも見られます。

そのため愛車の買い取りをお願いする場合は自動車税が戻ってくるのかどうかをチェックすることを怠らないようにしなければなりません。

Category

リンク