-

クレカを店頭にて使用する際もれなく経験したことがおありかと思うのだが担当者が不慣れなためどちらの紙をカード利用者へ対して提示するのかわかっていない時があります。

といいますのも、カードを使うとカード端末から3枚1組のレシートが出力されるからであり、それらのどちらをカード利用者の方に渡すべきかわかりにくいというものだ。

数枚の紙の意味》これらの3枚1組の明細レシートの正体とははどういうものかについては、以下の通りとなります。

1お客様へ渡す用の利用明細。

2店舗控え用の明細レシート。

3クレジットカード会社保管用明細レシート(記名をする明細)。

本来は必ず客に対して保管してもらうレシートの方を渡すのですが、たまに、別の使用レシートを客側へ誤って渡してしまったパターンの他サインをした方の利用レシート自体を渡すようななどという痛恨のミスさえも見られます。

特にアルバイトの担当者に対してや、いつもクレジットが利用されることの少ない店舗の会計で使おうとするとそれらの店舗スタッフの困った姿を見られるのではないでしょうか(笑)。

もし従業員が違う利用明細というものを提示してきた際は冷静に「これは違いますよ」と一言言ってあげて欲しいです。

Category

リンク