-

 日本人として落ち着くのはやっぱり緑茶。

新しいお茶を買ってきて封を切る時にはわくわくします。

急須に茶葉をひとつまみ。

低めに沸かしたお湯を注いでしばし待つ間に漂ってくるお茶の香り。

離れた部屋の人まで「お茶淹れたの?」と集まってくる時って、「平和だなあ」と幸せを感じます。

そしてお気に入りのぽっこりした湯のみに淹れていただくと、日々の喧騒を忘れてしばし別世界へ。

本当にお茶っていいですよね。

 お茶で思い出すのが、お茶所静岡へ行った時のことです。

お客様のところへ伺ったのですが、出されたお茶のおいしいことといったら。

その時はまだ「おいしいなあ」としか思わなかったのですが、その後も何度か静岡へ行きあちこちでお茶をいただくうちに気がつきました。

これは偶然ではなく、私が特に高給なお茶を出されているわけでもなく、静岡全体でお茶の品質が高いのですね。

日常で普通に飲まれているお茶がおいしく、産地のメリットだなあとつくづく感じました。

Category

リンク