-

外為取引(FX)の投資においてのターゲットは、各国各々の貨幣があげられます。

流通貨幣において勉強してみようと予定しています。

流通通貨には「基軸通貨」という名で称される公式通貨が存在します。

基軸通貨の意味は国と国での決済について金融機関の取引について重視して使われる流通通貨のことを言いますが現在は$(米ドル)です。

昔日は£(イギリスポンド)基軸通貨だったのですが第二次世界大戦後は米ドルになるに至ります。

FXを活用してやり取りしている公式通貨の種類に関しては他で言う外貨投資に比べてみてとても多いのが特徴です。

FX専門業者によって、取り扱っている通貨の種類に関しては、異なっているのですが、平常ではおおよそ20種類ある模様です。

その中で流動する性質が高い数値の公式通貨をメジャー通貨と称します。

変動性が大きいが表すことは売買が実施されていて、公式貨幣の売り買い簡易なという事を意味します。

重要な公式通貨には上記で述べた基軸通貨であるアメリカ合衆国ドルに、日本の円、EUROの3つが存在しており、世界三大通貨と名付けられております。

ニュージーランドのドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と称されています。

世界三大通貨と準メジャー通貨以外の動きが小さい通貨においてはマイナー通貨と言われて、やや国力や経済の力が乏しい国での流通通貨で、南アフリカランドやシンガポールドル、メキシコペソなどがメジャー通貨については、行き渡りしておる程度が多いので、値動きが一定水準で、情報の量も多くいきかっているです。

マイナー通貨は利息の面で高額なことが多いから値の激動がすごいらしいです。

値の高安がすごいいう事においては絶大な利潤を手に入れるチャンスがありますが、危うさも大きく、おぼつかない事があげられます。

重ねて動きが弱い流通通貨ですから、終了決定を希望する時により決済する事が及ばないと予想される事があるので気をつけましょう。

何の通貨を選択するのかという事については通貨の属性を注意深く調査してから実行する事は大事であると感じます。

Category

リンク