-

今日は為替取引に関する基本内容についての話題です。

為替市場とは「自分で金の送らない場合でも金銭の受け渡しの行為を為し遂げること」なのです。

日常的に為替というものはおおかた外国の為替について言及するケースが多いのです。

外為というものはお互いの国の通貨の交換のことを示します。

他国へ旅行(シンガポール、タイ、米国)などしたことがあれば外国為替のやり取りの経験があるでしょう。

近所の銀行にて旅行先の国のマネーと交換するのであれば、それこそが国際為替にあたります。

為替相場といえば買い手と売り手の価格の相場を言ったものです。

銀行と銀行の間での取引によって確定するものです。

それがマーケットメイカーと言われている指定されたいくつかの銀行です。

為替レートは種々の余波を受けつつ引き続いていつでも変化します。

為替を変化させて行く引き金となるのはファンダメンタルズというのがあります。

ファンダメンタルズの意味は経済の動き、経済の基本やいろいろな要素のことを言います。

経済の上昇や景気状況、物価の変動、金融緩和、貿易収支、重要人物の発言と言うものが作用して為替の相場は変化して行くのです。

とりわけ貿易収支と失業者の割合は重大と思います。

貿易収支とは何か、日本の組織でいう省庁(外務省)の命令で中央銀行(日本銀行)外国貿易統計を基にして作成した国外との一定期間の取引を書き留めたものですです。

国際収支統計は中央官庁や日銀のHP等で確認することができます。

就労者の統計、失業率もチェックされる要因なのです。

ことにアメリカの就職者の統計は影響します。

月次で発表され調査目当てが幅広いところがポイントです。

為替の動向は経済自体の変動を指しているので。

経済自体の動向を見極めることで為替レートの変化見通しができるようになると言うことです。

Category

リンク