-

予想外にいきなり起こるのが自動車の事故です。クレジットカード比較

その状況でどんな判断したかにより、保険料の支払いも相当変わってくる場合も想像されますので冷静な決断力と行動が求められます。

予期せぬハプニングにあって気が動転してしまうと重要な事を見過ごしてしまいこの先自らが大損を負わされる場面もありますので交通事故をしてしまったケースは正しく以下に記述した作業するようにするとよいでしょう。

自動車の事故を起こしてしまったケースで最も初めにする事は負傷した方の確認です。

自動車の事故の後すぐはパニックになって喪心状態になってしまう時があり直ちに動けないのが当然です。

その場合、重軽傷者がいたならば安全が確認された地点に移動して手当てを行い、119番通報する等して人命救助優先を心掛けましょう。

119番に電話をする状況では的確な事故があった場所を連絡して分からない場所では目を引くデパートや町名を伝えて位置を特定できるようにします。

2番目に警察署へ電話して事故が発生したことそして状況を告げます。

救急車と警察が来るのを待つ間に事故の相手の身元を調べます。

氏名、連絡先、免許ナンバープレートの番号、事故の相手の方の保険会社などなどお互いの情報をやり取りします。

その時に事故相手にミスがあるような場合には、現場で結論を出そうとすることがありますがその場所で処理するのではなくどういう場面でも110番や自動車の保険会社連絡して、正しく確認してもらう事が大切です。

それぞれの身元を教えたら他の車の障害になることをやめるために妨げとなる物道路からどかします。

万一邪魔な物が他の自動車の妨げとなっている状態では、それぞれの情報を交換するより早くこの対応を完了させても大丈夫です。

ここで自分自身が加入している自動車保険の会社に知らせ、交通事故が起こった事を届け出ます。

自動車での事故から一定時間の内に車の保険会社に電話しておかないと、保険の適用外にケースもありますので早く行動することが大切です。

また現場の証拠になるようにデジカメや携帯などで事故の現場や愛車の破損の状態を見ることができる写真を写します。

これは過失の割合決定する時に大きな証拠とできますので、自分自身のクルマや先方の自動車の破損箇所を正しく写真に残しておきましょう。

その状況で目撃した人がいたら警察や保険会社の人が到着するまでその場所にそのまま待機して頂くように頼むのも大切です。

Category

リンク