-

事故は己だけの事故と誰か他の人が巻き添えになった車の事故があります。スキンビル

自分だけで起こした事故の状況では、事故の処理をしたら終了となりますが、他人を巻き込んだ自動車事故は互いにどの割合で誤りが存在するのかをチェックして、それにより愛車の修復費や示談金の額などが決まりますので、保険屋さんの有識者と一緒の話し合いが必要となります。ホワイトヴェール

大抵の車の事故の場合、それぞれにいくらかの過失がある場面が多くどちらか一方の間違いであるという場面は少ないです。草花木果

もちろん信号を無視してしまったり一時停止無視のような違反があって起こった事故ならかなり重大な落ち度になりますが、被害を受けた側にも不注意があると判断されます。カニ通販年末年始

自動車事故の際にはどの車の間違いが原因で起きたのかというのが非常にポイントになってくるので、その判断を数値で示したのが「過失割合」(過失割合)なのです。1歳 ケーキ オーダー

ひとつの例として、前述した赤信号で止まらなかったり、一時停止しなかった場合なら法であれば相手側が100%手落ちがあると考えがちですがその場面で事故の原因になった自動車が前から来ていて目視で確認された時では被害者側も注意不足であったとして1割りぐらいの間違いが認められる場合もあります。アヤナス

よってこの条件では事故を起こした相手が9割、事故に巻き込まれた方が1割割合と決められ責任が大きな方に過失が問われるのです。草花木果

自動車事故の過失の割合昔の事故判例を目安として決められるケースが往々にしてあり日弁連交通事故相談センターから明らかにされている過失割合認定基準表などが基準として使われます。

この過失の割り当てが高ければ高いほど責任、結果として損害賠償金も大きくなる可能性が高いので話し合いは本人達だけでなく車の保険の担当を加えてきちんと話し合うことが不可欠です。

Category

リンク