-

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨を取引して利ざやを得る投資です。

売買の値段はいつも変動しています。

これがマーケットです。

インターネットを見ていると通貨のレートのニュースが流れるケースがあります。

たとえば、「今日のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという事ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを意味しています。

別の言い方をすると、FXには買値と売値の2つの値が存在する事を示しています。

売値のことをビット、買値の事をアスクと表示しているFX会社も存在しています。

一般的に売値の方が買値よりも安価に決定されています。

現実に買値は高く、売値は安くなるのが普通です。

この差分をスプレッドといいFX会社の収入のひとつといわれています。

スプレッドの差はFX業者によって変わります。

スプレッドの広さはみなさんにとって支出となるので、低いFX会社をピックアップしたほうが有利になります。

ただし、同じ会社でも場合によってスプレッドの広さは大きくなったり小さくなったりします。

もしもドルと円の組合せで1銭のスプレッドとは言っても為替の上下がとても激しい状態では広くなったりするのです。

ですから、スプレッドが小さいのと合わせて固定しているということが大切です。

最近では固定したスプレッド幅を見せる取引業者もたくさんあります。

現実にFX取引会社の売買画面内でリアルなマーケットをチェックしなければ見分けられないので手間がかかりますがとても重要なことです。

大切なお金を投入して売買しますので本物の注文の前に、興味を持ったFX取引会社の新規口座開設をどんどんして、示されているスプレッドの狭さをチェックしましょう。

同じ通貨でもその時間帯の為替の変動率によって、スプレッドの幅は異なる場合があります。

通常、銀行間取引で取引高が多い通貨ペアではスプレッドの広さが狭く、他の外貨ではスプレッド幅が大きくなる事があります。

Category

リンク