-

産業ロボットや学習ロボット、介助ロボットなど社会で需要が高まるロボットの世界ですが、これからはパーソナルロボットが益々求められるのではと思います。

ロボット産業が活発になってきて、人型ロボットがどんどん現実になっています。

もうSF映画やアニメの世界のものではなくなってきましたね。

参考にするならロビまで。

今まではあくまでも機械とか道具として使われてきたロボットが、動物や人間の形になりより身近になりました。

最近製品化された人型ロボットは「人によりそう」というコンセプトだそうです。

自分の判断で言動できるロボットだということで、注目されています。

犬型のロボットが出た時にペットとして愛用する人が沢山いました。

話せなくても感情を表現するそのロボットは人の心を癒し、愛情を注げる対象だと言えます。

それがより進化して人型になればもっと需要は高まるのではないでしょうか。

医療機関や教育機関、高齢者施設、商店、そして一般家庭でも普及していくはずです。

需要が増えれば価格も下がり、また機能も向上していくでしょう。

敬老の日のプレゼントとして人気が出る日も遠くないと言う事ですね。

Category

リンク