-

電車の乗車チケットなどを複数枚決済してしまうことショッピング枠のキャッシュ化というもの使わないで、利用者自身が換金目的にてクレジットで購入するのも同様。

現金化することを狙っているクレカショッピングは、クレカのカード規約違反となってしまうためです。

必要以上の新幹線のチケットであったり切手通販等でのクレジットカード決済をすると、最悪の場合現金化が目的なのでは、などと警戒されてしまう恐れもあり得るので注意が必要なのです。

また、利用時にキャシング利用可能額が限度となられている利用者のケースでは、新幹線の切符等を購入することにトライするだけであってもクレジットの会社の係から確認が入るという事例があるため、お金がない時の決済については不可能になる模様です。

金銭的に困った時においてすることというのは多くの場合、同じようなことです。

カード発行会社から見て都合の悪い使い方をすること少し前に話題だった『永久期間』のようにカードの会社に対してほんの少しもプラスとなることのないようなルールに違反した使用をした場合にはクレジット会社の方から没収させられる話もあるのです。

ネットに出回っていた購入ポイントの不正な入手等世の中に流通していない秘密のやり方というものが存在していてもそのような情報というものは全部クレジット会社の規約違反であるから絶対に利用しないようにしないほうが懸命でしょう。

強制退会の内容については出回る→クレカを強制没収させられた場合でも、他のクレカについては使用可能のだから、ひとつなら心配ないのでは??などと考えている人は、今の情報社会でその考えが身を滅ぼすことになる心配もある。

その理由は、そもそも没収になるケースの場合には、クレジットカード発行会社各社が見ることが出来てしまう信用機関というものへあなたの個人情報が登録されてしまうことによって信用というものはなくなる可能性があるのです。

いずれかたったひとつであるとしてもクレジットを強制没収となった場合、それ以降カードですら作りにくくなりますし場合によっては今持っているクレジットカードまで強制退会になることもあるのです。

それは免れて使い続けられる際にも有効期限切れを迎えると継続利用できなくなることもあり得ます。

兎にも角にもくどくど述べたように没収という処理がされるほどの使用はまずなさることのないように、クレジットカードをご利用頂きたいと思っています。

Category

リンク