-

カードを店舗等で使用する場合に、一度は体験があるのではないかと思うのですがレジのスタッフが慣れていないことでいったいどの明細を利用者に渡せば良いのかわかっていない時があります。

というのも、カードを利用すると、専用端末からは3枚1組の利用レシートというものが出てくるためで、これらのどれをカード利用者のもとへ差し出すのかわからないというケースがあるのです。

3枚1組の紙の内容)それではこの数枚の明細レシートについてとは何かということの概要は、以下の記載の通り。

1利用者へ保管してもらう利用レシート。

2店舗で保管する明細レシート。

3クレジットカード会社控え明細(サインする紙)。

通常であればお客様へ渡さなければいけない使用明細を受領するのですが、たまに、店舗で保管する使用レシートの方を利用者の方に間違って渡してしまう場合の他記名された利用明細を渡すいう事例さえも存在するのです。

このようなパターンはバイトの従業員の場合や普段からクレジットカードが利用されない店舗等の会計にてクレジットカードを使うと、こんな担当者の困った姿を拝見することが出来るでしょう。

いつの日かレジ担当者が間違った利用明細というものを渡そうとしてきた時には「これは違いますよ」などと教えて上げて欲しい。

Category

リンク