-

自動車を売却する時にはケースによっては委任状が要る場合があります。

それでは、委任状とはどういったものかといったことや実際どんな場面で必要になるのかを解説していきます。

委任状というもの車買取の際の委任状とはクルマの名義変更の場合で本人が立ち会えない時に、その立ち会いを誰かに同席してもらうことをオフィシャルに明記した文書です。

すなわち、誰かに任せてあることを、委任状で実証します。

委任状を必要とする場面委任状がなければならないのはクルマ処分の時にクルマのオーナーである本人が同席できない場面です。

車を売るということは、名義が変わるということです。

名義変更手続きは変更する者、それに変更後の持ち主両者が必要な手続きですが状況によっては手続きが進められない場合もあります。

そこで当事者がその場に立ち会えないのに、名義を変える手続きをする必要に迫られた時は必ず委任状が必要になります。

名義を変更する手続きを代わりにお願いする際に委任状が必要ということになります。

買取店やディーラーでは必須車買取専門業者や中古車ディーラーに対する買い取りという方法が、普通の愛車の売却方法です。

それに、このような買い取り先は、ほとんどが名義変更を代わりに依頼できます。

名義変更手続きを代わりにやってくれるわけですので、作業が避けられるもののその際に必要なのが委任状なのです。

専門店や中古車ディーラーが準備した委任状を使い捺印するという形が通常です。

普通は欠かせない書類委任状はどうしても必須とは限らないのですが、あなたが売却した車の名義変更に同席することのできる人は稀と思います。

まだ友人間の売買で関係各所へ両者とも同席するということが難しくないのであれば大丈夫ですが、そのようなケースは稀です。

ですので普通委任状は買い取りのさいの必要書類です。

車買取とリサイクル料のことはそれほど知られてはいないのですが、自動車には「自動車リサイクル料」という料金が課せられています。

ではこれについて説明いたします。

自動車リサイクル料とは自動車リサイクル料という料金は自動車リサイクル法という法律で定められています。

車を問題なく廃車にするために、オーナーが支払うものです。

自動車リサイクル料の金額自動車リサイクル料は、車のレベルやエアバッグが付属されているかなど自動車によって上下します。

一般的には7000円〜18000円ほどです。

装備などで変わってきますが、車検の際にリサイクル料を払うのであれば出回った時点での装備の状態に倣います。

リサイクル料の支払いについて自動車リサイクル法という法律は今から7年前にできた法律です。

ですから平成17年1月以降に新車登録された方はあらかじめ購買の際に払っています。

また2005年1月以前に買っていても車検の時に納めるようになっています。

またリサイクル料を既に払っているクルマを購入する際には購買時に払わなければなりません。

つまり、支払い義務の発生する時点でのあなたがリサイクル料を納付するということなのです。

自動車リサイクル料の自動車買取時の扱い愛車を売る際には支払済みの自動車リサイクル料は返還されます。

それは、リサイクル料が支払い義務の発生する時点での持ち主に負担義務がある料金であるからです。

なので、支払済みの自動車であれば最後の持ち主が変更になりますから売った場合支払った額が返還されます。

廃車の場合は戻ってこない為気を付けましょう。

Category

リンク