-

民事再生による解決は住宅ローンを含め複数の債務に苦しめられている方を念頭において、マンションを維持したままで金銭面で再生するための法的な機関による債務整理の選択肢として平成12年11月に適用されるようになった法律です。

この制度には、自己破産制度と違って免責不許可事由はないので、競馬などで債務が増えた場合においても申請は問題ありませんし破産申告をすることで業務が行えなくなる危険のある立場で給与を得ている人でも制度の利用が可能になります。

破産手続きの場合は、マイホームを手元に残すわけにはいきませんし特定調停と任意整理では、借金の元金は戻していくことが求められますので住宅ローンを含めて支払うことは現実として簡単ではないと思われます。

でも、民事再生という処理を採用することができれば住宅ローン以外での借金額は相当なお金をカットすることもできますので、余裕がある状態で住宅ローンなどを払い続けながらあとの借金を払っていくようなこともできるということになります。

といっても、民事再生という選択は任意整理と特定調停などと違って一部分の借金だけを除外扱いして処理することはできませんし破産宣告においてのように負債が消えるということでもありません。

それに、それ以外の手続きと比べても煩雑で負担もかかりますので、住宅のローンを組んでいて住居を維持していきたいような場合等を除外して、破産手続きのようなそれ以外の解決策がない際の最後の方法とみなした方がいいと思います。

Category

リンク