-

クレジットカードを店において使う場合に何度も体験したことがあるのではと考えますが、担当者が未熟なためにどちらのレシートをお客さんに渡して良いのかわかっていないことがあるかと思います。クレカを機械に通すと、3組綴りの利用明細というものが発行されるためでこのレシートの中のどれを利用者に渡したら良いか迷うという話です。3枚1組の紙の解説→これまで述べた複数の紙の正体とは何なのかということについてまとめると以下の内容になります。1客へ渡す明細レシート。2店舗で保管する明細レシート。3カード会社保管用明細レシート(サインを書く明細)。通常であれば絶対利用者側へ渡す用のレシートを渡すのだがたまに、店舗控え使用レシートを利用者側へ見間違えて渡すということであったり署名した利用レシートを渡してしまうなどという事例すら見受けられます。このパターンはバイト従業員や、それほどクレジットが使われることの少ない店舗などの会計において利用する際、そういった従業員の心の乱れが見れるのではないでしょうか(笑)。もしもスタッフが間違った使用レシートというものを渡そうとしてきたときは、怒らずに「これは違いますよ」と直してあげてほしいものです。

Category

リンク